ワックスなしでカッコいい髪型に!【メンズの簡単セット】

外国人男性の画像

スポンサーリンク



どーも!ハヤトです。

メンズの皆さん、毎朝毎日ワックスつけるのめんどくさいって思ってませんか??

時間のない時に思うようにセットができずにイライラする人も多いはず。

そこで今回は「ワックスなしで髪型をカッコよくできればな」と考えているメンズ達に向け、以下項目を中心に書いていきます。
 

  • ワックスなしのメリット・デメリット
  • ワックスなしでナチュラルに決める方法
  • ワックスが苦手なメンズに解決策を提案

 
ナチュラルヘアが好きな人、スタイリング剤のベタつきが苦手な人は特に必見です!
 

ワックスなしのメリット・デメリット

 
外国人男性の画像

メリット

  • ナチュラルに仕上がる
  • 朝の準備時間を短縮できる
  • ヘアスタイルが崩れることを気にしなくていい
  • 夜シャンプーをする時に一度で済む

ワックスをつけないことで準備のあらゆる手間が省けるので、朝の時間がない時には時間短縮できますね。

あとは買い物などに出かけているときに服やキャップなどの試着がしやすいです。

夜のお風呂でもワックスなどのスタイリング剤の洗い落としを気にする必要がないので楽なはず。


デメリット

  • 髪質によってはパサつきが出る
  • 髪に動きをつけづらいので躍動感が出にくい
  • 仕事によっては身だしなみに気を配ってないと思われる

やはりワックスをつけないと躍動感のある髪型は作れないので面白みはかけると思います。

ダメージのある髪や乾燥がちな髪の人はパサついた様に見え、ボサッとした印象を与えることがあります。

仕事上、ワックスなしだとデキる男感は低く見られるかもしれませんね。


 

やっぱりワックスなしよりワックスありの方がキマる??

 
もちろんなんですけどワックスありの方がキマります。笑

なぜかと言うとワックスは髪をセットしてカッコよくする為に使うものなので。

しかし場合でワックスなしの方がいい時があるので、常にワックスつけた方がいいよと言うわけではありません。

順に詳しく書いていきます!
 

ワックスなしでカッコよくナチュラルヘアにしたいメンズへ

 
ドライヤーの画像

ワックスを使わずに髪型をカッコよくする為にはドライヤーが一番の鍵を握っています。

ドライヤーは髪の流れとボリュームを作る為に使います。

いわゆるベース作りなんですが、ワックスでセットする時も同じくこのベース作りが大切になります。
 

(1)髪を濡らしてタオルドライ

寝ぐせをとる為に濡らした後は、タオルで軽く拭きあげ半乾き状態にします。
 

(2)クシを使って髪の流れを整える

クシなどで髪の流れを根元から整えます。

髪のクセが少ない人は手で軽く流れを作るくらいでも大丈夫です。
 

(3)ドライヤーでベース作り

髪の流れる向きを考えながら乾かしていき、ボリュームをだす部分は髪を持ち上げ根元に熱風をあててください。

熱風をあてそのまま髪を持ち上げていると熱が冷めていく時に形ができるので髪が立ち上がりボリュームがでます。
 

ワックスをつけずに髪型をまとめる方法

 
ワックスやスプレーをつけている感覚が苦手な人は「洗い流さないトリートメント」がおすすめです。

ドライヤーで乾かす前にワンプッシュつけるだけで、まとまりが全然違います。

さらにつけた後に残らずサラッとしてるので、ワックスが苦手な人には使ってほしいモノです。

ちなみに傷んだ髪を補修してくれる効力を持っている商品あるので、僕は毎日使っています!

寝る前や、ワックスでセットする前、いつでも使えるので便利です。

気になる人は下記の記事でおすすめ商品を紹介しているので見てみてください。

【人気商品】メンズ向け洗い流さないトリートメントおすすめ12選!種類・選び方も解説!

2019.01.17
 

ビジネスシーンでワックスなしでもいい?

 
外国人男性スーツの画像

これは仕事の種類によって変わってきます。

人と接する仕事ならセットしてた方がいいし、逆ならしない方が楽かなと思います。

例えば、帽子かぶったりするなら必要ないですし。。

上記で書いた、「ドライヤー」「洗い流さないトリートメント」を実行すればワックスなしでも十分に身だしなみは整うと思います。
 

ワックスなしとの相性がいい髪の長さ

 
一番ワックスなしと相性がいい髪の長さは、ミディアムorロングかなと個人的に思います。

髪が長い方がワックスなしでも雰囲気が出るし、割と自然なボリュームが出るので!

逆にショートの短い髪だと、立体感や躍動感が出しにくいのでワックスはつけてる方がいいと思います。

僕自身も髪が長い時の方が割とノーセットの日が多かったです。

髪伸ばしてパーマあててるとそれだけでカッコよかったりしますもんね。
 

まとめ:軽くワックスをつけるという手段もある

 
手の画像

今回は下記の2つの方法を紹介しました。


・ドライヤーでベースを作る方法

・洗い流さないトリートメントでナチュラルにまとめる方法


あとひとつ、身だしなみを整えたい状況ならば、少量のワックスを使い簡単なセットをするいう手段もあります。

ワックスを少量とり、手のひらにひろげた後、毛先だけにつけていきます。

手を左右に振り、毛先に散らすようにつけるとワックスの効果で髪が落ちつき、ある程度スタイリングができちゃいます。

ワックスなどスタイリング剤のベタつきや質感が苦手な人は、軽めで柔らかいソフトなワックスを使ってみてください!

やっぱりカッコよさを求めるならワックスなしよりありの方が決まるのでぜひ試してみてください。笑

時と場合に合わせて、様々なスタイルを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク