洗い流さないトリートメントの使い方を説く!【メンズ限定】

トリートメントの画像

どーも、ハヤトです!

メンズのみなさん、洗い流さないトリートメントを正しく使えてますか??

今回はメンズ向けに、洗い流さないトリートメントの使い方を解説していこうと思ってます!

ではさっそく進めていきますよー♪
 

基礎情報として

 
シャワーの画像

基本的に使うタイミングの話を、前もってしておきます。

朝でも夜でも、「髪を濡らした後」に使ってください!

なのでぶっちゃけ、昼でもいつでもいいんですよ。

ただ濡れてないとダメという事ではないので、詳しく書いていきます。
 

洗い流さないトリートメントの使い方

 
とりあえず髪を濡らした後の流れとして説明していきます。
 

(1)タオルドライ

タオルをゴシゴシと強くこすらず、優しく抑えるように水気をとっていきます。

髪はタオルの摩擦によってもダメージを受けてしまうので気をつけましょう。

ですが実際に、ゴシゴシしないと拭きあげるのに相当な時間がかかると思うので、ある程度の優しい力で拭く程度は大丈夫です。

ちなみに僕も毎日”優しく”ゴシゴシ拭きしてます。
 

(2)トリートメントをつける

水が垂れない程度に拭きあげたら、半乾き状態で洗い流さないトリートメントをつけていきます。

つけ方はシャンプーする時のように、手のひらに伸ばして広げて、髪の毛全体に揉み込みながら満遍なくつくようにしましょう。

ちなみに洗い流さないトリートメントの種類によってつける時の濡れ具合は変わってきます。

  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミストタイプ

大きく分けてだいたいこの3つです。

順番で上からよりしっかり目に拭くと考えてください。
 

(3)全体になじませる

毛先から中間くらいまでの髪の毛全体になじませていきます。

髪がしっとりとまとまる感じになればいいくらいです!

つける範囲が毛先から中間までな理由としては頭皮直接肌につくと良くないからなんです。

最近では天然由来成分のみを使用した商品などもあって全てとは言えませんが、基本的にはなるべく気をつけて使いましょう。

毛穴のつまりの原因になることがあります。
 

ドライヤー

頭からドライヤーの距離はだいたい20cm程離し乾かしていきます。

 

・スタイリングをする場合

完全に乾かすまでいかず濡れ感を出したまんまジェルやワックスを使うとカッコよくキマります。

 

・寝る前などの場合

ほぼ濡れてない状態にしてから寝ましょう。

気をつけるのは根元もしっかり乾かせているか、髪を持ち上げて根元にもしっかり風を送り乾かしていきましょう。
 

まとめ:アウトバストリートメントとも呼ばれている

 
タオルの画像

洗い流さないトリートメントには別名があり、「アウトバストリートメント」と言われています。

シンプルに”お風呂を出た後に使うトリートメント”ということですが、逆も然りでインバストリートメントもあります。

洗い流さないトリートメントって名称としては長いし毎度毎度は大変なのでまた違う呼び方もあることを知っておきましょう♪

今回は使い方をメインで書きましたが、メンズ向けにおすすめの商品などをまとめてるのでこちらの記事も見てみてください、どーぞ。

【人気商品】メンズ向け洗い流さないトリートメントおすすめ12選!種類・選び方も解説!

2019.01.17

【注目商品】人気のメンズトリートメントおすすめランキング9選!選び方・使い方も解説!

2019.01.22