【意外と知らない】トリートメントの効果について!選び方・使い方も解説!

女性の画像

スポンサーリンク



こんにちは、ハヤトです。

今回はトリートメントの効果について話していきます。

髪のダメージを気にしている人であれば誰もが気になるトリートメントの効果。

綺麗な髪にこだわっている女性であれば特に、「トリートメントには実際どんな効果があるの?」と考えたことがあるのではないでしょうか。

多くの人が何気なく使っているトリートメントですが、本当の効果については知らないのが大半です。

今回はそんなトリートメントの本当の効果についてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

トリートメントには効果がない?

まず始めに皆さんに知っておいていただきたいのが、トリートメントを使ったとしても髪の毛が完全に元の状態に戻ることはありません。

「トリートメントをすれば髪の毛のダメージが元の状態に戻る!」と思っている人、実はそれは間違っているのです。

髪は死滅細胞でできていることから、完全にダメージを無くそうと思うと傷んだ部分をカットして切り落とすしかありません。

トリートメントを使うと、髪の毛の痛みがノーダメージの状態に戻るという一般的な認識は間違っているのです。

例え、サロンで使われているような高級なトリートメントを使ったとしても、それはあくまで誤魔化しでしかありません。

このことを念頭にトリートメントの効果について知っていきましょう。

 

トリートメントに期待できる効果

 
髪のダメージを無くすことができないのであれば、「トリートメントにはどんな効果があるの?」と気になった人もいるでしょう。

トリートメントには髪のダメージを無くす効果はありませんが、髪のダメージを隠すことや綺麗に見せること、外部からのダメージを抑制する効果があるのです。

具体的には、

  • キューティクルを整えてまとまりやすい状態にする
  • 髪をコーティングして熱などから守る

などの効果があります。

キューティクルを正常に整えることで、パサついた状態から滑らかでツヤのあるような見た目に変えることができます。

そして、髪をコーティングすることでドライヤーによる熱から髪を保護してダメージを抑制する効果があるのです。

 

美容室のトリートメントの効果とは?

サロントリートメントの画像

美容室ではよく、「トリートメントはいかがですか?」と質問されることがありますね。

美容室のトリートメントは値段も高いこともあり、どんな効果があるのか気になります。

気になる効果は、髪がダメージしにくい状態を作るものだと考えてください。

カラー・パーマをするときの薬剤は「アルカリ性」であり、施術後には髪の毛がアルカリ性に傾いてしまいます。

髪がアルカリ性になると、外部からのダメージから髪を守るキューティクルが開いてしまい、髪がダメージしやすい状態となります。

このダメージしやすい状態の髪にトリートメントをすることで、髪の毛を本来の「弱酸性」に戻すのです。

つまり美容室のトリートメントには、髪を「アルカリ性→弱酸性」に戻すことができ、髪がダメージしにくい状態を作る効果があるのです。

 

美容室のトリートメントの持続期間は?

 
そんな美容室のトリートメントの効果はどのくらいの期間持続するのか気になりませんか?

実は持続期間はその人それぞれの髪質ダメージ度合いによっても変わるので、一概には言えません。

しかし、大体の目安として1週間〜2週間だと思っておいてください。

長い人だと約1ヶ月効果が持つ場合もありますが、中には3日〜1週間程度しか持たない人もいます。

「自分の髪質の場合どのくらい持つのかな?」と、どうしても気になる人は担当の美容師さんに聞いてみてくださいね!

 

自分に最適なトリートメントの選び方

トリートメントは種類が多いですよね。

その中で自分に合ったタイプを見つけるために、新しいのを次から次へと買っていては大変ですし、経済的にも負担が大きいです。

「じゃあどうやって選べばいいの?」と気になりますよね。

そんな人に向けてポイントごとに解説していきます。
 

(1)髪質に合っているか

例えば、細い軟毛向けのトリートメントであれば油分が少なく軽い仕上がりになるものが多くあります。

一方、太い剛毛向けのトリートメントには油分が多く入っていて、しっとりとした仕上がりになることがほとんどです。

細い髪質の人が太い髪質の人向けのトリートメントを使用すると、ベタベタと重い仕上がりになって見た目が悪くなります。

このように髪質に合っていないタイプを選んでしまうと、仕上がりや見た目に影響を与えてしまうので注意が必要です。
 

(2)肌質に合っているか

髪質に合ったタイプを見つけることができても、肌質に合っていないと問題が起こります。

肌質に合っていないトリートメントを使い続けていく中で、起こりやすい問題が頭皮の炎症やかゆみです。

特に乾燥肌や敏感肌の人は刺激が強いトリートメントを使っているとトラブルが多くて困ってしまいます。

「私は肌が弱い方」と感じる人は天然成分で作られているオーガニックタイプのトリートメントを選ぶことがおすすめです。
 

(3)髪の悩みに合わせる

髪の悩みは人それぞれ誰しも持っています。中でも多いのが、

  • 髪が広がる
  • 髪がパサついている
  • くせ毛がひどい

などです。このように自分の髪に対して悩んでいることに合ったタイプを選びましょう。
 

髪が広がる人

髪が広がってしまう原因は、水分量が少なく逃げやすい状態にあるからです。

このような悩みを抱えている人は保水力が高いタイプを選ぶことが大切です。

髪に十分な水分を与えてまとまりやすく、広がりにくい状態を作ることができます。
 

髪がパサつく人

次にパサつく髪についてですが、髪がパサつくのは水分量が少なく、ダメージが大きいからです。

そんなパサつきがひどい髪は保湿をしてあげることが大切です。

リピジュア・ヒアルロン酸などの保湿成分が入っているトリートメントを選ぶことがおすすめです。

保湿効果が高いトリートメントを使うことでしっとり、まとまりやすい髪質へと近づきます。
 

くせ毛がひどい人

くせ毛は内部の吸水性に問題があります。

水分が少ない部分が合ったり、多い部分が合ったりと不安定な髪質が原因です。

くせ毛を落ち着かせるためには、水分バランスを整えることが大切です。

内側に栄養を与える水分補給効果が高いトリートメントを選ぶようにしましょう。

最適なトリートメントを選ぶことで、くせ毛が落ち着いてまとまりやすい状態となります。

 

自宅でできるトリートメントの効果的なやり方

 

必要なもの

  • トリートメント
  • タオル
  • シャワーキャップ

 

(1)シャンプーをする

まず、トリートメントをする前にシャンプーで髪と頭皮の汚れをしっかり落としておいてください。シャンプーの時も指の腹でやさしく洗うことが大切です。髪を流せたらタオルドライをしてある程度乾かしておきましょう。
 

(2)蒸しタオルを作る

次に蒸しタオルの準備を始めておきましょう。タオルを水に浸し、よく絞ってからレンジで1〜3分間温めます。温めすぎると熱くて火傷してしまう可能性があるので注意。
 

(3)トリートメントを付ける

タオルを温めている間、髪にトリートメントを付けておきましょう!トリートメントは頭皮につけないように毛先〜中間までを意識して付けていきます。
 

(4)シャワーキャップを被る

トリートメントを付け終わったら、次は温め終わった蒸しタオルで髪全体を包みましょう。そしてその上からシャワーキャップを被ります。
 

(5)少し放置して洗い流す

シャワーキャップを被り終わったら、15分〜20分程度放置しておきます。髪のダメージが気になる人は長めの20分程度放置するようにしましょう。放置した後は髪をしっかり洗い流して終わりです。

 

まとめ:正しい知識を持ちましょう

 
トリートメントには髪のダメージをなくす効果はありません。

しかし髪をダメージから守る効果やまとまりやすく、綺麗な見た目を保つ効果があります。

そんなトリートメントは自分に合ったタイプを見つけて使用することが大切です。

いくら人気で高級なトリートメントを使っても、あなたの髪質・肌質に合っていないと意味がありません。

今回はトリートメントの選び方を紹介しましたが、それでも自分の髪質や肌質に合うタイプが分からないという人は担当の美容師さんに聞いてみましょう!

綺麗な髪は女性にとって大事なポイントです。

正しい効果や自分に合ったタイプを見つけてから使いましょう!

スポンサーリンク