流行のメンズパーマ!おすすめワックス6選+α【美容師からの生情報】

パーマロットの画像

どうも!ハヤトです。

パーマをあてるとスタイリング剤は何を使うといいの?と悩む人も多いのではないでしょうか?

「おしゃれ好き」なメンズが増え、数年前に比べてパーマ男子が増えたなぁと感じてます。

芸能人ヘアカタログを見てこんな感じのパーマにしたいと、いざあててみると意外と思い通りにならないとモヤモヤしてませんか?

実はそれ、スタイリングの仕方によって大きく変えることができちゃいます。

もっと言うと、選ぶスタイリング剤によって大きな違いがでてくるんです。

そこで今回はメンズ向きに下記2点を中心に書いていきます。

  • パーマヘアのスタイリング剤のつけ方
  • 髪の長さ別スタイリング剤の選び方とおすすめ商品の紹介

他にもプチ情報など混じえつつ進んでいくので、最近パーマをあてたメンズ達はこれを参考にして理想の自分に近づいていってくれたらいいなと思います!
 

パーマヘアのワックスの選び方

 
外国人男性の画像

基本的には髪の長さで選んでいきましょう!

あくまで目安になりますが、参考にしてください。

ショートヘア・・立ち上がりを維持し、動きを出せる「硬め」

ミディアムヘア・・程よく髪がまとまり、動きも加えれる「硬め〜柔らかめ」

ロングヘア・・髪をまとめてくれ、自然な流れを作れる「柔らかめ」

つまり、髪が長くなるほど、使うワックスの硬さを柔らかめにするといいです。
 

出したい質感でワックスの種類を選ぶ

 
もうひとつワックスを選ぶポイントがあります。

ヘアセット完成時に自分が出したい質感でスタイリング剤の種類を選びましょう。

分かりやすくする為に定番の2つに分けて説明していきます。
 

(1)ワックス系

自然な仕上がりで優しい雰囲気が出ます。

ゆるふわ系やナチュラル系といったカチカチに決めないラフなスタイルを作りたい時はワックス系ですね。
 

(2)ジェル系

カチッとした印象や、ツヤがありセクシーな雰囲気が出ます。

いわゆるウェット感を出し、ダンディーに決めているイケメン俳優などはこのジェル系です。

要はツヤがあるか無いか、ドライ感かウェット感か、という感じで出したい質感を決め、種類を選びます。

あとひとつ加えるとパーマヘアは髪の「カールの強さ」で使うスタイリング剤を変えてみてもいいと思います。

気分に合わせて違う雰囲気を出せるので、日によって違うアレンジができることはパーマの楽しいポイントですね。

 

メンズのパーマヘアの各スタイリング剤のつけ方

 
ワックスの画像

それでは各項目別でつけ方の説明をします。

(※髪を一度濡らしてタオルドライをした状態からとします)
 

(1)ワックス系

ドライヤーで髪を乾かします、この時に髪全体のベース作りが肝心なのでただ乾かすんじゃなく、自分がしたいスタイリングに近づけるように部分ごとの髪の流れる向きを考えながら乾かしていきます。

ワックスを手の平全体にまんべんなく馴染ませたら、毛先を中心にワックスをつけていきます。

基本は手を左右に軽く振りながら全体につけていき、フワッとあげたい部分は指でつまんで持ち上げたり、クシュっと髪を握り、揉み込むようにすればボリュームを出したりもできます。

全体のバランスを整えたら完成です。

ヘアスタイルをより持続させたい人はヘアスプレーで固めてあげるとより長時間キープできます、しかしパーマ特有の軽いラフな雰囲気を保ちたい人はヘアスプレーは使わずでも全く問題は無いのでパーマの味をとことん引き立てていきましょう。

下記の記事にスタイリングの基本とベース作りを詳しく書いているのでパーマのスタイリングとは少し違いますが基本は同じなので気になる人は見てみてください。

ヘアワックスの付け方・アレンジ方法を教えます【レベルアップ確定】

2019.01.31
 

(2)ジェル系

ジェルセットはドライヤーで乾かさず、半渇き状態でつけていきます。

注意点は濡れすぎていると上手くスタイリングできず、髪もまとまらずペタッとなっています。

つけ方としては、適量を手の平に伸ばしたら髪をあげる人はワシャワシャっとオールバックにするように全体にジェルをつけ流していけば完成です。

髪を下ろす人は上記のワックスと同じように手を左右に振りながらつけていきます。

ワックスと違いジェルはハードのものなど、すぐ固まる商品が多いので早めにサッとスタイリングを終わらせることが大切です。

ジェル系のスタイリングにはヘアスプレーは特に必要ないかなと思います、ミディアムやロングの人で髪が落ちてくるのを固くキープさせたい人は気になる部分だけにつけたりしてもOKです。

ちなみに髪の濡れ具合なんですが、ベリーショートやショートだと濡れ具合は強めでツンツン感を強めたりもできます、これは経験していくと感じてくることなんですけど、ジェルは少しの濡れ具合の違いで完成時の雰囲気が結構違うのでいろいろと試すことが大切です。
 

ウェット感を出したパーマヘアのスタイリング

 
ウェット感を出すには基本的にジェル系でスタイリングします。

でも慣れるまでは理想のウェット感を表現できなかったり、セット自体が上手くいかなかったりで壁にぶち当たってしまう人もいると思うんですよ。

  • ジェル系でセットするの難しい
  • 実際どのくらいの髪の濡れ具合でジェルをつけるといい?
  • つけ方は分かるけど上手くセットできない!

こんな感じで、お客さんや友達に相談されます。

そんな時によくススメるのが「ワックス+ジェル」でジェリーという新感覚で使えるクリーム状のスタイリング剤があるんです。

僕も髪伸ばしてパーマあててる時は頻繁に使うんですけどなんと言ってもセットが簡単で短時間で済み、仕上がりもキマります。

ワックスでは出せないウェット感とジェルよりも固まらないので自在にスタイリングができるという優れものです。

サロンでも置いてあることの多い商品を一つ紹介しておきます。

 

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH

ニゼルの画像
内容量 90g
香り フルーティーフローラル
質感 マットより
商品特徴 ツヤを与えるワックス成分「ゴールドキャンデリラ」と
天然由来の保湿オイル成分「シュガースクワラン」配合

ドレシアコレクション ジェリーは3種類ありセット力の強い順にH・M・Sとなってます。

メンズのパーマだど長さに合わせて選ぶといいですがミディアムくらいまでならHでいいと思います。

つけ方は上記のジェルと基本的には同じで半乾き状態くらいの濡れ髪に使うといい感じになります。

ジェルのようにパリパリに固まることはないので、ヘアスプレーでキープ力をつけてみるなども使いながら調節してみてください!
 

メンズパーマにおすすめワックス3選

 

 

MEUVLE ジェリーワックス G6

ミューブルの画像
内容量 80g
香り アップル&ジャスミン
質感 マットとウェットの中間

ジェル素材にワックスを混ぜ合わせたジェリーワックスです。
スタイリングに自信のない人にも扱いやすく、ワックスで出せる束感と立体感に加え
ジェルが出すツヤ感を兼ね備えた、パーマヘアにおすすめの商品です。
総合的にみてもメンズ人気の高い商品なので使ってみて間違いなしです。

この商品がおすすめの髪の長さ
  • ショートヘア
  • ミディアムヘア
 

ナカノ スタイリング タントN ワックス 5

ナカノの画像
内容量 90g
香り 爽やかなフルーツ系
質感 マットより

ファイバータイプの伸びがいいワックスで初心者でもセットがしやすく正直どの髪の長さにも対応できる万能商品です。
パーマヘアにほどよい束感を出してくれ、印象は柔らかい仕上がりになります。
スーパーハードなだけにキープ力もあり、自然なツヤも出してくれます。
個人的にもナカノシリーズは好きなんですけどほんと使いやすいのでおすすめです。

この商品が特におすすめの髪の長さ
  • ベリーショートヘア
  • ショートヘア
 

オーシャントリコ シャインオーバー

シャインオーバーの画像
内容量 80g
香り ライジングウェーブ
質感 ウェットより

東京の人気サロンocean tokyoが手がけるツヤ系ハードワックスのシャインオーバー。
パーマヘアとの相性はもちろん毛先にしっかりと動きを与え、上品なツヤを出してくれます。
最初はフタを開けるとツヤツヤの素材感にビックリするかもしれませんが使うと伸びがよくセットしやすいです。
さらにグリースのような後に残る嫌なベタつきもないのでそこもおすすめです!!

この商品が特におすすめの髪の長さ
  • ミディアムヘア
  • ロングヘア

 

メンズパーマにおすすめジェル3選

 

 

ピース プロデザインシリーズ ウェットオイル グリース

ピースの画像
内容量 100g
香り アクアフローラル
質感 ウェット

ジェル感覚で使用できるオイルグリースです。
独自のオイル処方でウェットな質感を表現できセット力も高いアレンジの入れやすい商品です。
グリースと記されていますが固まらず何度も手直しをすることができます。
さらにベタつきもなく洗い落ちもいいという嬉しいポイントが多いのでウェット感と扱いやすさを求める人はぜひ使ってみてください。

この商品が特におすすめの髪の長さ
  • ベリーショートヘア
  • ショートヘア
  • ミディアムヘア
 

ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインジャム10

ホーユーの画像
内容量 80g
香り フルーツとバニラ
質感 ウェット

ゼリー状の素材感で伸びがよく、しっかりとしたウェット感でシャープな仕上がりになります。
セット力が高く、細かい束感も出せるのでショートヘアでツンツンと立ち上がらせたい人にはもってこいです。
ホールド力もあり長時間スタイルキープもこなします。すでに使ってるメンズも多いなと思う商品でリピーターも多いので
まだ使ったことない人は買ってみても損はしない商品だと思います。

この商品が特におすすめの髪の長さ
  • ベリーショートヘア
  • ショートヘア
 

ロレッタ ハードゼリー

ロレッタの画像
内容量 300g
香り ローズ系(微香料)
質感 ウェット

数あるジェル商品の中でも特に人気の高いロレッタ ハードゼリー。
もはや定番なので使っている人も多いと思います。とにかく髪馴染みがよく、ほどよく男らしいウェット感を出し抜群のセット力を持っています。
洗い落ちも最高で、口の広い入れ物なので取り出しやすく量調節もしやすいです。
時間のない朝にパパッと準備を済ませて出たい人にも嬉しいですね。

この商品が特におすすめの髪の長さ
  • ベリーショートヘア
  • ショートヘア
  • ミディアムヘア

 

ワックス無しでパーマヘアをナチュラルに仕上げる

 
外国人男性の画像

「パーマはあてたけどワックスやジェルはつけたくないんだ」という人が意外に結構多いんです。

ベタつきが嫌だったり、より自然な仕上がりを求めてのことだと僕は思います。

しかしパーマをあてると髪がパサついたり、まとまらなかったりドライヤーで乾かしただけではボサッとなってしまいますよね。

そこで朗報なんですが、実はおすすめの方法があるんです。

それは「洗い流さないトリートメント」で自然に仕上げるという方法です。

ワックスみたいに細かい束感を出したり動きをつけることまではできませんが、髪のパサつきを抑えてまとまりを作りある程度ボリュームを出すことも可能なんです!

髪質にもよりますがパーマヘアには基本「オイルタイプ」のモノがおすすめです。

(下記の記事に洗い流さないトリートメントのメンズにおすすめ商品を髪質別で紹介してるので参考程度に見てみてください。)

【人気商品】メンズ向け洗い流さないトリートメントおすすめ12選!種類・選び方も解説!

2019.01.17

それでは実際にどんな流れで使うかを説明します。


①タオルドライ後に適量を手の平にまんべんなく広げる

②髪に揉み込むようにつけていきながら全体に指を通し毛流れを作る

③全体に洗い流さないトリートメントがついたらドライヤーで髪を乾かす

④乾かしながら毛流れを整えたり、ボリュームをつけていく


ザックリにはなりましたがこんな流れで自然な仕上がりにできちゃいます。

※注意点

量のつけ過ぎには気をつけてください。

特に髪の柔らかい軟毛の人だとトリートメントに含まれる油分の重さでボリュームがなくなり髪がヘタってしまいます。

 

まとめ:パーマヘアのワックスにこれという決まりはない

 
結論は「パーマだからこのワックスじゃないとだめ」なんてモノはありません!

現在の自分の髪の長さと作りたい質感に合わせて使うスタイリング剤を変えていきましょう。

個人的には今回の記事でもよくおすすめした、ジェルとワックスが融合した、ジェリータイプのモノが好きです。

好き嫌いは分かれるかもですが、ツヤやウェット感を出したいなら従来のジェルやグリースよりもスタイリング自体がしやすくて何度も手直しがきくところがいいなと思うんですよね。

とにかくパーマヘアなら絶対これじゃないといけないなんて商品はないので、マットのワックスで自然なセットをするのもありですし、ウェット感で色気を出すのもありです。

パーマは日々様々な変化を楽しめるので、様々なスタイリング剤を使ってみてください!