【メンズ向け】おすすめヘアオイル3選!使い方・注意点も説明【厳選TOP3】 

オイル

 
どーもこんにちは隼人です。

今回はメンズにおすすめのヘアオイルを紹介します!

「髪のケアは女性のする事やん?」なんて時代はとうに過ぎ去り。。

今ではメンズにも定番化し、ヘアオイルはスタイリングにも使ってる!という声もよく聞きますね。

商品選びに迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいな。
 

まずヘアオイルとは?

 
ヘアオイルとは髪の表面を油分でコーティングする事で紫外線や乾燥などの外部ダメージから守ってくれるオイル状のヘアケア商品です。

他にも、パーマへアカラーなどで既にダメージを受けているパサつきの目立つ髪にも潤いを与え、ツヤを出してくれるのでウェット感のあるスタイリングをする時にも使えます。

トリートメント効果のある商品を選ぶとダメージ補修も期待できます。
 

メンズ向けヘアオイルの使い方・使うタイミング

 
シャワー

ヘアオイルを使うベストタイミングとして、大きく分けて2つあります。
 

・お風呂を出た後

お風呂から出た後は髪が濡れた状態ですね、そこでタオルドライをした後の半乾き状態でヘアオイルをつけていきます。

このタイミングで使う事で髪に残った水分を油分が覆い、より効果的にウェット感を持続させることができ、ドライヤーなどの熱ダメージからも守ってくれます。
 

・スタイリング前

スタイリングをする時も上と同じく「半乾き状態でつける」という方法がおすすめです。

ドライヤー前に簡単にオイルでスタイルや流れを作って乾かしてあげる事でその後のセットがしやすくなります。

ヘアオイルをワックスに混ぜて使うのもワザのひとつでおすすめですよ〜!
 

ヘアオイル使用時の注意点

 

(1)量のつけ過ぎ

これは一番気をつけてほしいです。

オイルなので基本的には良く伸びます、なので単純につけ過ぎてしまうと髪がベタ〜ッとなってしまうので適量をつけることが大切です。
 

(2)頭皮につけない

ヘアオイルをつける時は、なるべく頭皮にはつけないようにしましょう!

商品によっては植物由来成分配合で全身につける事のできるモノや、頭皮につけて揉み込む事で頭皮環境のケアができるといったモノもあったりします。

そういった商品なら問題はないですが基本的には髪の毛用に作られている商品が多いのでなるべく頭皮は避けましょう。
 

(3)乾いた髪に使う時

髪が乾いた状態でも全然つける事自体はなんの問題ありません。

ただ濡れている時と比べ、馴染みが良くないのとつける量が多いと変に浮いて不潔感が出てしまうことがあります、、。(商品差アリ)

少量にするか、スタイリング剤併用するといいでしょう。
 

メンズにおすすめヘアオイル3選

1位 ナプラ N. ポリッシュオイル

ナプラの画像
メーカー ナプラ
価格/内容量 〜円/150ml
種類 オイル
香り マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り
商品特徴 天然由来成分のみで作られたヘアオイル

人気のナプラのポリッシュオイル、これはもうスタイリングメインに使っちゃってください。

すごく濃密なオイルで髪をまとめてウェット感を出せるのでこれだけサラっとつけて外出もできます。

最近はナプラさんの意向でサロンでのみ購入可能なので、気になる人は行きつけの美容院などで聞いてみるといいかも。

2位 モロッカンオイル オイルトリートメント

モロッカンオイルの画像
メーカー モロッカンオイル・ジャパン株式会社
価格/内容量 〜円/100ml
種類 オイル
香り バニラムスクの香り
商品特徴 希少かつ栄養豊富なアルガンオイル配合

モロッカンオイルは海外セレブや日本の著名人などが使って一躍有名になった商品です。

モロッコの一部の地域のみ育つアルガンツリーの実から取れる大変稀少な植物油が配合されていて髪の保湿はもちろん柔軟効果や抗酸化にも期待できるんです。

とにかく髪のケアにもスタイリングにも使える万能型という商品でどんなメンズにもおすすめできる定番商品ですね。

3位 シュワルツコフ BCクア エンジェルスリーク

クアの画像
メーカー ヘンケルジャパン
価格/内容量 〜円/150ml
種類 オイル
香り フルーティな香り
商品特徴 保護成分ホホバオイル配合

こちらのシュワルツコフ BCクア エンジェルスリークはオイルタイプなんですけど化粧水みたいにサラサラで軽めに仕上げたい人向けの商品です。

毛髪補修に保護成分ホホバオイル配合で髪をコーティングし、サラサラな質感に導いてくれます。

寝る前に簡単にケアしたい、スタイリング時に少しツヤ感を出したい時など使い方の幅が広いので特にメンズが使いやすい商品です。

洗い流さないトリートメントとの違い

 
少し気になっていた人もいるであろうこの問題、ここでは簡単に説明しておきます。

「ヘアオイル」と「洗い流さないトリートメント」の違いについて。

結論からいうとヘアケア業界ではこの2つは明確に区別はされてないらしいです。

なのでお客さんとの会話では、人それぞれの呼び方があるんだな〜と僕は感じています。

「絆創膏」をカットバンと呼ぶかバンドエイドと呼ぶか、、みたいな感覚かな、、違うか(笑)

少しだけ深掘りすると「髪に対しての効果」と「ベースの素材」が多少なり違うので、、これに関しては後ほど別記事で詳しく書こうと思います。
 

まとめ:メンズは特にスタイリング用として使うといい

・ポイント

(1)髪を外部ダメージから守り、パサつきを抑えウェットなスタイルに仕上げてくれるモノ

(2)おすすめの使うタイミングは半乾き状態の髪

忙しい朝にサラっと髪を整えてくれるヘアオイルは僕もほぼ毎日使ってます!

多くの商品がある中で今回は厳選して紹介しました、どの商品が自分好みなのかを見つけるにはいろいろと試してみる事が大切です。

自分に合う商品を見つけて新しいスタイルに挑戦していってください!

 

【人気商品】メンズ向け洗い流さないトリートメントおすすめ12選!種類・選び方も解説!

2019.01.17

↑こちらの記事は洗い流さないトリートメントについて詳しく書いてあるのでよかったら併せて読んでみてください。